中国・四国ブロック

【大会結果】第21回中四国少年少女選手権大会

期    日 : 令和元年10月27日(日曜日)

会    場 : 東広島運動公園体育館

参加数 : 34クラブ /  331名

 

【大会結果】

第21回中国・四国少年少女選手権大会 結果一覧 pdf.(訂正版)

第21回中国・四国少年少女選手権大会 写真 pdf.

【報告】令和元年度「中国・四国ブロック審判講習会」

【期日】

令和元年10月26日(土)~27日(日)

【会場】

広島県東広島市『東広島総合運動公園体育館』

【参加数】

講習会参加者 8人(CtⅡ2名、CtⅢ6名)

【環境活動】

①啓発活動:大会パンフレット

②実践活動:審判についての講義と実技の講習をした後、筆記試験と実技試験を実施した

 

1日目の講義では、井勢審判長が少年少女レスリングと本講習会の目的や審判員としての行動や心構え等の説明、審判法やルール説明と詳細なルール確認、マナーの重要性などの講義をおこなった。

その後、深水審判員を中心に貞末審判員、瀬野審判員が補佐につきマット上での実技講習を実施した。

2日目は、筆記試験と実技試験(レフリー、ジャッジ、コントローラー)をおこない、受講生8名全員が優秀な成績で合格し、認定した。

今回、男性6名、女性2名の計8名が受講し、本講習会の目的であるカテゴリーⅡ、Ⅲの公認審判員の養成と統一ルールの確認は果たせたと思う。

ブロック大会と合わせて開催したが、初日は十分時間を取って講義と実技講習を行うことができた。また、昨年度に続き実技講習では会場の保護者にも声をかけ、ルール説明や審判活動のPRもできたことは有意義だったと思う。

来年度も実施時期や内容等を工夫して、さらに充実した講習会を開催していきたいと考えている。

この講習会によって徐々に公認審判員が増え、中国・四国各県での審判技術やマナー意識の向上、そして少年少女レスリングの技術的・戦術的なレベルアップやマナー意識が向上してきている。

今後も審判員の協力体制が充実し、大会運営等もスムーズになることを期待する。

最後に、今回の審判講習会を開催するにあたり、色々とご協力をしていただいた広島県の大会関係者の方々に感謝を申し上げます。

大変ありがとうございました。

2019 画像報告書 pdf.

【審判講習会】平成29年度/中四国少年少女連盟(カテゴリーⅡ、Ⅲ)のご案内

主 催 NPO全国少年少女レスリング連盟

主 管 中四国少年少女レスリング連盟

1 期 日 平成29年11月4日(土)~5日(日)

2 会 場 笠岡総合体育館(714-0054 岡山県笠岡市平成町63-2  TEL0865-69-6622

3 目 的 ①公認審判員(カテゴリーⅡ、Ⅲ)の養成  ※以下、CtⅡ、CtⅢとする

②中国・四国ブロックにおける審判員登録の整備

4 対 象 平成29年度全国少年少女レスリング連盟に登録しているクラブ関係者(保護者含む)で、

今回新たに公認審判員の資格取得を希望し、所属クラブの代表者が推薦する者。

※受講者は、事前にルールを確認し、各所属クラブにて審判の練習を行ってきてください。

5 日 程 11月4日(土)

12:00~12:20 受付

12:30~14:00 審判講習会【講 義】

・審判の心得について     講師 高村 行雄(全国少年少女レスリング連盟副会長)

・統一ルール・審判法について 講師 井勢 智則(中四国少年少女レスリング連盟 審判長)

14:10~14:30 【筆記試験】(CtⅡ、CtⅢ)

14:30~16:00 審判講習会《実 技》

・レフリー、ジャッジ、コントローラーの実技、スコアシートの記載方法

実技指導:高村 行雄(全国少年少女レスリング連盟副会長・インストラクター)

井勢 智則(中四国少年少女レスリング連盟審判長・カテゴリーⅠ)

深水 真司(全国少年少女レスリング連盟公認審判員・カテゴリーⅠ)

※同会場にて14:00より合同練習会がおこなわれます

11月5日(日)【実技試験】第31回中四国少年少女レスリング選手権大会にて実技試験を実施。

8:30集合予定 実技試験(レフリー・ジャッジ・コントローラーを各2試合程度おこなう)

◆大会終了後に成績発表。その後、審判手帳の交付 ※Ctステッカーは後日お渡しします

6 服 装 □白のズボン( 女性は黒・紺のズボンでも可)  □白のポロシャツ

□白の運動靴(室内専用)  □リストバンド(赤・青)  □ホイッスル(笛)

7 認 定 公認審判員認定申請書を提出し、審判講習会を受講し、筆記・実技試験共に合格し、登録手続きを

した者を、全国少年少女レスリング連盟公認審判員と認定する。

8 申込み 同封の公認審判員認定申請書に写真を添付、記入したものを10月20日(金)必着厳守で、下記宛に郵送してください。

〒682-0948 鳥取県倉吉市大谷茶屋878-33 井勢 智則 宛

9 受講料 カテゴリーⅡ…3,000円、カテゴリーⅢ…2,000円 ※11月4日(土)の受付時に徴収する。

ご不明な点がありましたら、下記にお問い合わせください。

井勢 智則(倉吉総合産業高校 0858-26-2851、携帯電話080-1832-6223、e-mail : ise.878(a)hi.enjoy.ne.jp)※(a) を@に変えてください。

2017 講習会要項と案内文書