九州ブロック

九州ブロック

福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県

登録クラブ数 30クラブ
連絡先
会長代行 大野 豊重 理事長 父母 慎仁
審判長 大野 豊重 事務局長 大野 豊重

【ご案内】第5期「カテゴリーⅠ」審判員資格認定試験の開催について

主 催  全国少年少女レスリング連盟

主 管  全国少年少女レスリング連盟審判委員会

 

【期日 平成29年7月21日(金) ~22日(土)

第34回全国少年少女選手権大会開催時に実施する。

【会場 北九州市立総合体育館 / 福岡県北九州市八幡東区八王子町4-1

【対象 「全国少年少女レスリング連盟」登録審判員

受験資格】CategoryⅡ取得後2年を経過し、年10回相当の実務経験があり、ブロック審判長が推薦する者。

または、審判資格取得者で3年以上の実務経験があり、ブロック審判長が相応しいと認め推薦する者。

※取得期間が3年未満であっても、ブロックの会長および審判長が特に優秀と認めた者については、

この限りではない。(推薦書の提出)※推薦書の書式は自由とする。(会長、審判長印を押印のこと)

募集定員】12名

【日程】7月21日(金)  集合:10時00分  10時~18時  試合・反省会終了まで

学科講習、実技講習・試験(レフリー・ジャッジなど)

7月22日(土)  集合:8時30分  9時~13時

筆記試験など

【持参する物 / 服装等】

①審判員の服装

・白のスラックス、女性は黒(紺)のスラックスでも良い。

いずれもトレーニングウエアで、製造会社の企業名が大きくプリントされていないものとする。

・白ポロシャツ    ・リストバンド(赤・青)    ・白の運動靴(室内用)    ・ホイッスル(笛)

②証明用写真(4㎝×3㎝)2枚    ③印鑑(シャチハタ可)    ④筆記用具    ⑤ノート

⑥受験料:3,000円、※当日に徴収する。なお、登録料:3,000円については、後日徴収する。

申込方法】受験希望者は、ブロック審判長の推薦メールをもらい、下記の内容を連盟事務局へメールする。

折り返し、申込書を送信するので、必要事項を記入のうえ、連盟事務局宛に郵送する。

①受講者氏名(フリガナ)

②審判登録番号(審判手帳に記載してある)

③審判歴(WordあるいはExcelファイルで)

④所属ブロック・所属クラブ名

⑤連絡先の住所及び電話番号、e-mailアドレス(携帯電話のメールアドレスは不可)

【申込み締切】平成29年7月5日(水)

受講者の決定については、審判委員会で選考し、各申込者に連絡する。

決定内容についての問合せは一切受け付けない。

ブロック毎に定員を設けてあるので、1クラブからの2名以上の申込みはできない。

 

【申込み・問合せ先】連盟事務局  担当:鎌賀秀夫  携帯電話 090-8518-8026

e-mail  jkwf.referee.committee(at)gmail.com ※(at)を@に変更してください。

150-8050  東京都渋谷区神南1-1-1  (岸記念体育会館)  日本レスリング協会内

2017 第4期カテゴリーⅠ要項 pdf.


 

2015九州ブロック審判講習会

【2015九州ブロック審判講習会】

平成27年5月2日~3日、熊本県・玉名市(横島体育館)において、九州少年少女レスリング連盟主催により、公認審判員‟カテゴリーⅢ”の講習会を実施した。

女性4名を含む20名が受講、現在全国連盟が力を入れている女性審判員の育成の一助になる審判講習会となった。

受講者の多くは自分の子どもが競技者として活動する保護者で、今までマットの周りから応援するだけしかできない、レスリング未経験者がほとんどであった。

今回、マットの真ん中で笛を吹く、技に対する適正なポイントの判定、子ども達が怪我をしない様に配慮する動き、そして試合をスムーズに進行するためのマット全体の把握など、初めてのレフリング経験となった。

いざマットに立つと緊張で体と頭が働かない、そんなシーンが多く見られた。しかし、2日間の実技講習により、繰り返しマットに上がりレフリングする事で、徐々に体の動きもスムーズになり、笛もしっかり吹けるようになっていった。

九州ブロックでの審判講習会は、2012年以来3年ぶりであった。今年度よりブロック主体で審判講習会を実施する事になり、将来は全国少年少女大会や全国選抜大会へ多くの審判員が選出されるよう、審判員の養成と技術力向上を目指して審判員を増やしていきたい。

[大野特派員]

 

※平成27年度から、審判員ライセンスにカテゴリーⅢ、カテゴリーⅡ、カテゴリーⅠの三つのカテゴリーを設け、‟カテゴリーⅠ”の講習会以外はブロックで開催し認定することになった。

女子フリースタイル熊本合宿

【女子フリースタイル熊本合宿】 2015.04.14

4月8日~14日の期間、熊本県民総合運動公園体育館において全日本女子ナショナルチームの合宿が開催された。

合宿5日目の4月12日、福田富昭日本協会会長、菅芳松事務局長が見守る中、地元の少年少女レスリングクラブの子供たちや中学生、高校生を集め「ジュニアレスリング教室」を行い、一緒に汗を流した。

福田会長からは、「きつい練習があたりまえ、強くなるにはきつい練習しかない。日本人選手の特長はそこにあり、日本の練習には外国人選手はついてこれない。すぐにマットの端で座り込んでいる。だからこそ、きつい練習を成し遂げたと自負し、自信を持って世界を目指しなさい」と、参加者を激励した。

 

【参加クラブ・学校】

タイガーキッズレスリングクラブ、熊本レスリングクラブ、上熊本レスリングクラブ、宇城アローレスリングクラブ、玉名工業高校、北稜高等学校、小川工業高校、濟々黌高校

写真提供:タイガーキッズレスリングクラブ